仕事の役に少し立てばいい連絡板

仕事以外にも見たこと感じたことを書き込んでいきます。

ザ・ビジネス!

 

いよいよ楽しかった旅行も終わります。

前回、ギリギリで空港内を20分ダッシュした(すんごく広い!)苦い経験から、

空港に早めに着いてビールでも飲んでようと3時間ほど前には着いていました。

 

私、エコノミーですので2時間前くらいじゃないと荷物預けられないよう。

まあ、いいやちょっと荷物まとめたいし、

と端の方でゴチャゴチャしてたら、

現地のグランドスタッフが、声をかけてきました。

お客様、もしooカードをお持ちでしたら優先してお荷物預けられますが、

おお〜!持ってますよ〜。ラッキー!

 

 荷物まとめてファースト・ビジネスの窓口へ。

へ〜、いいなぁ〜なんてぼや〜としてたら、

ファースト担当のお姉様が、

お客様、生憎ですがこちらの搭乗券ではお受けできかねます。

えっ!?いや、さっきooカード持ってますかって聞かれたもので。

あっ、そうなんですね、そうでしたか〜。

と、なんかトーンが下がって、渋々受け付けて、気のせいかチッ!と舌打ちしたような。

そこから凄いですよ。

こちらの荷物には手も触れません。

ここに置いてください、向きが違います、後何センチずらして下さい。

さらにバッグにビニール被せて下さいとお願いしたところ、嫌々1枚取り出して、

いつもあるとは思わないで下さい。

です。もう、あっぱれとしか言えないです。

娘と二人でゲラゲラ笑ってしまいました。


この会社はハッキリしています。

お金を使ってくれる人は特別扱いしますよ。

だからドンドン使って下さい。

上級会員の皆さん、私達は貴方に尽くします!お客さま〜!

これ、当然です、ビジネスですから。

購買意欲煽りまくっております。

だからファースト担当のお姉様はエコノミーの荷物なんか触りません。ファーストを買ってくれた人に悪いから。

でもo oカードで誘ってきたのはあちらです。グランドスタッフが良かれと思って私に声をかけてくれたのですが、ファースト担当にしてみれば、そんなの関係ないです。

なんでエコノミー客廻すのよ!でしょう。

いいんです、これは差別ではなく区別ですから。彼女にしてみたら仕事ですから。

何となく分かります、私達のお店も安売りしたくないですよね。いつも綺麗に着物着て、掃除して、美味しい料理出して。

安くしてくれ、という方はお断りしています。クオリティ、ブランド維持の為にも。

実際に値切って無理矢理受けたグループには違う対応しています。定価の人達を優先します。また来て欲しいから。

値切る人は一回しか来ません。100%。


ファーストのお姉様も普段から自分磨きがそれはそれは半端ではないと思います。金持ち相手ですから。それをエコノミーを廻されたらプライドが傷つきます。

でも今回の件はサービス業としては大失格だと私は思います。

自分から声掛けているのですから。

区別のはずが差別になっています。

当事者意識が欠けています。

ビジネスライクにするのであれば、

声をかけてはいけません。


これ、私だから笑い話ですけど、

他の人だったら、凄く惨めな思いでしょう。

この会社。結構不満持っている人多いです。

ライバルが勝手にコケて自然とNo.1になった会社ですから。


出来ない(徹底できない)サービスは初めからやらない方が良い。

痛感しました。

 

なんでもあり。

先日行ったロンドンの回転寿司。

メニューの表紙。

f:id:wakasa123:20190217173926j:plain

右側のイラスト、何か分かります?

そう、日本のあちこちで走ってるアレです。


別に意味は無いんでしょうけど、

着眼点がユニークですね。


この寿司店、ロンドンから始まり、

世界中に進出もしています。

なんと、ドバイ!ロシア!にも。

日本にも逆上陸か⁉️


スタッフのTシャツ。ちなみに彼、お客さんの女の子ナンパしてました。

f:id:wakasa123:20190217174129j:plain


席の目の前に呼び出しのピンポンがあり、押すと、ガンガンにかかっているキャリーパミュパミュが止まり、はい、喜んで〜!というアナウンスあり。これ、気付くの日本人だけだよ。


この会社、日本のカプセルホテルや健康ランドを独自にPOPに解釈して世界中で大成功しています。コピー上手な日本人がしてやられました。


行く度に思うのは、ドンドン美味しくなってる。これは寿司ではありません。

SUSHI(スーシ)です。

まだまだ世界中でバカ売れします。

間違いなく。

寿司より...


すしざんまい頑張れ〜!

よっ!社長‼️

九平次をお持ちしました。

とても人気あります。

楽しんで下さい。

外国風に声のトーンを少し落として。


料理は程なく進む、

その都度、少し食べては説明、

という私のパターンにも慣れてきたよう。

同じのもう一つ!2合で!(九平次)

おっと先に言われてしまった、クソーッ!

お酒を持って行きちょっと寒い日でしたので(特に一階は)常温の和み水も。

まだまだ肌寒い日が続きますが、

本日は春の食材が色々と届いております。

本日の焼物、桜鱒です。

木の芽、蛍烏賊、蕗、と春の味覚を一皿でご堪能下さい。って感じかな。

家族三人で仲良く楽しそうにお食事されてます。

あれ、またお酒が終わりそうだ、

そろりとうかがうと、九平次もう一つ!

いや、いつもこんなに飲まないんだけどな。

お酒を待つ間会話も小休止している模様。

お茶、水やら、済んだ食器を下げながら世間話で参加。

ホント、美味しいお酒ですよね。

さすがのセレクトだね〜若狭さん。

お店は何年かとか、お酒の話、

九平次の会社は今フランスでワインも作ってますよ、とか福井の魚の話など...

デザートが終わり、敷き紙も全て片付けあつ〜いお茶。

お母様薬の袋見えたので、お水お持ちしますといい、白湯を。

あらっ⁉︎白湯だわ、ありがとう。


と以上で終了。

九平次とか書きましたが、

実は何しろ一番気を使ったのは、

奥様とお母様に一番気を使ってますよ、

というアピール。

お茶、飲み物、ペース、食材の話などいちいちお二人に一言声掛けました。ほんの一言。

ご主人にしてみれば奥様と母上はお客様ですから。言ってみたら接待する側。

接待される側に気を使ってくれ、

しかも楽しんでいるんですから何よりです。


代行頼まれ15分程かかるとの事。

まぁまぁ熱いお茶をもう一杯、

と店にあったチョコも、頂き物なんですがよかったらと。


そしてお帰りの際、

あなた、一流ですね。

えっ?

いや〜、久々に良い気分になったよ。

いえいえ、恐縮です


では、ありがとうございました。

おやすみなさい。

(西洋レストラン風に声のトーン意識して)


で、次の日。

昨日はありがとう、今日も行きたいんだけど空いてる?

なんと5人で外国人と接待で訪れました。

ビックリ!!


皆さん、これ使えますよ〜!

ちょっと良いお酒をいきなり頼む方に。


『お、いいですね。さすが!』みたいなの。

明らかに気分上がってましたよ。


嫌味のないような文句を考え使ってみて下さい。結構楽しい!

程よい距離も色々試してみようっと...