仕事の役に少し立てばいい連絡板

仕事以外にも見たこと感じたことを書き込んでいきます。

飲み放題

当店の飲み放題は2,500円です。これに室料・税が加算されます。

5,000円+2,500円+750円(室料)+660円(税)=8910円です。

 

これとは別に込々8,500円から予算に応じて承ります。

これは幹事さんが会費を集めるのに区切りのいい金額を設定するためです。

 

込々8,500円の場合、料理はいくらですか?と聞かれます。

え~と。8,500円÷1,08(税)÷1.10(室料)-2,500円=4,654円となりました。

5,000円を基に多少調整したお献立となります。

 

でも、聴いてくること自体が愚問だと思いますけどね。私。

自分で金額設定しているんですから。

税、室料、2,500円を引いた金額が料理です。

 

基本、5,000、7,000、10,000円に+2,500円に室・税。

ご予算に合わせた場合はそのご予算に調整したお献立をお任せでお造りしています。

とお伝えください。

 

それでも内容を聞いてくるお客様には

「私では判りかねますので、担当の者から折り返し連絡をさせてください。」

としてください。

私が説明いたします。

 

込々の金額にしたらお得なのか?と思う方もいらっしゃいますが、

それは一切ありません。端数をおまけしてもいません。

ただ単に税・室料・2,500円を引いた金額が料理代です。

 

あと、たまに飲み放題と付けない場合とどっちがお得?とも聞かれます。

そもそもお酒の銘柄が違うので一概には言えませんが、

気にせずたくさん飲みたい人、会費制で計算が面倒な人は飲み放題付のほうが

良いようです。

せっかくだから少しいいお酒も飲みたいな、

と思っている方は付けない方が良いと思います。

 

うーん。しかし、年々、少しでも得なほうを探す方が増えています。

仮にも大企業にお勤めで、働き盛りの立派な大人が。

会社のお金ですら安く買った自慢が多いですね。

世の中そんな旨い話ある訳ないのに、喜んで安い方に飛び付いています。

萎縮しているなあ。頑張らなきゃ日本男子。

 

皆さんも、おすすめですよ!お得ですよ!限定ですよ!いまなら○○が付いてますよ!

という甘い言葉にお気をつけくださいませ。

 

ちょっとゴチャゴチャしてしまいましたが、

飲み放題の料理でした。

 

 

 

にほんばし骨董市

先日、日本橋に出かけました。

f:id:wakasa123:20170717124135j:plain

 

コレド日本橋ガラガラ。

お馴染みのどこにでもあるこんな施設は終わってるな、

これを無視して本日のお目当てはこちら、にほんばし骨董市。

 

f:id:wakasa123:20170717124052j:plain

エッ!しょ、しょぼい... 4・5店舗。

あ~あ失敗。でも、せっかくだから覗いてみることに。

 

あらら、気になる品物発見。

ジーっと見ていると店主が

「それ、おおひちょうざえもんだよ。」

おおひちょう??

「大樋長左衛門。本物、箱のふたがないから、安いの。

どうやって売ろうか考えてたんだ、揃ってるの珍しいし。」

色々聞くと、器に烙印押してある、たぶん明治初期の頃2代目の実験的な作品、

持ち主が箱の価値を知らず蓋を捨てちゃった。

などなど、ホンマかいな?という説明が続く。

 

でも真贋は問わず、気に入ってしまったんですね。

古さの中にポップさも感じてしまい。

値段はまあまあ現実的。

 

とここで。 

もう少しまかりまへんか?(何故か関西弁)

と、家内の一言。

「エ~!これはだめだよ~。」

そこをなんとか。

「わかったわかった。持っていきなよ」

やった~!おおきに~!

2,000円値引きしてくれました。

 

そんなこんなで遠く大事に持って帰ってきた器です。

お店のディスプレイになっております。

よかったら覗いて手に取ってください。

歴史を感じるかな。

f:id:wakasa123:20170717173248j:plain

2,000円浮いたご褒美にビール飲みに行こうっと。

 

大樋長左衛門

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A8%8B%E9%95%B7%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80